4月1日、フィット県庁前 / 自立訓練(生活訓練)のウェルカムセレモニーを行いました。

フィットの自立訓練(生活訓練)事業では、

その年度の初めから利用を開始される方を歓迎する式典を、毎年所内で行っています。

 

以下、今回歓迎された方歓迎した元からの利用者さんの感想です。

Aさん
2020年4月1日、フィット県庁前でお母さんと弟と参加しました。私の入所式のために参加してくれました。
私はスーツを着て参加しました。1番楽しかったことは、スプーン運びゲームです。
私のチームは優勝しました。チームみんなで喜びました。
 
Bさん
「ウェルカムセレモニーのこと」
4月1日(水)、フィットの入所式で僕がダンスの発表をがんばりました。緊張せずに踊れました。楽しかったです。
 
Cさん
「入所式のこと」
4月1日入所式で、フィット県庁前生活訓練で、
利用者代表あいさつと歴史博士のことをみんなの前で、熊本城と姫路城の歴史を発表した。
発表の時は足がふるえて手をいれておさえてました。とても緊張したけどまたやれそうと自信につながった気がする。
 
Dさん
「ウェルカムセレモニー」
4月1日水曜日、フィット県庁前で、新しい利用者を迎えるためにウェルカムセレモニーをおこないました。
前日は、部屋に花かざりや大そうじをしました。桜の木を描いて花びらをつけて満開にしました。
その絵を見て綺麗だと言われました。皆が喜んでくれたので嬉しかったです。
 
Eさん
「ウェルカムセレモニーについて」
4月1日、フィットでみんなとウェルカムセレモニーを行いました。
特に余興の時スプーンでピン球はこびをしたのが楽しかった。
私は野球博士で発表しましたが、本番はとても緊張しました。
練習の時は大丈夫だったのにどうして緊張するのか不思議です。
 
Fさん
「ウェルカムセレモニー」
きのう、フィットでウェルカムセレモニーをやった。
司会をHさんがやった。
俺は、締めで博多1本締めをやりたかった。