他には、定期的に挨拶練習をしました。
コミュニケーションが苦手で挨拶練習は初めの頃は言える言葉が少なかったですが、点数付けをして「かなりハードルが高い言葉」「もう少しで言えそうな言葉」を分析して、練習が効果的なものから練習しました。
どこから手を付けたらいいのかがわかったので言える言葉が増えました。それでもすべて言えるようになったわけではありませんが、成長したと思います。
その他、週に1回パソコン教室(所内)に入り時間を計ってワードで文字入力をしました。パソコン教室ではわからない漢字はあらかじめパソコン教室の先生に教わってから入力しました。最初と比べて少しスピードが上がりました。

☆福岡ジョブサポートの会報に連載し、好評だった藤マリオさんの手記です