私が影響を受けた人物は(あるがままに生きる)の著者の大原健士朗先生です。
私が神経症で苦しんでいる時に森田療法というものを、浜松医科大学で行っているとのことで、入院療法をうけたいと言ったら、もっと神奈川に近い病院があるから、そこを紹介してくれるとのことで、入院に至ったのが横浜相原病院です。
皆さんは、森田療法ってご存知ですか?
病気の症状に、とらわれずに、生活や活動をして行く行動療法です。初めの頃は朝6時起床できつかったのですが、規則正しい生活をしていくうちに、みんなとも親しくなって、サブリーダーもこなしました。週に1回日記を大原先生に見て頂く日があって、妙に緊張したのを覚えています。3カ月たってやっと退院して、すぐコンビニエンスストアでアルバイトを始めました。人間は、規則正しい、建設的な生活が大事なんだなと思いました。
以上です。